健康になる趣味情報

抗がん治療の種類に関して 

抗がん治療には様々なものがあります。まず外科的手術があります。これは体を切り開いてがん組織を切り取る治療法です。これはがんの初期中期の治る見込みのある方に主に行われる治療法です。そして薬物治療があります。これはがんが末期で外科的治療では治らない方、また外科的手術後の再発予防のために使われます。副作用による体の負担が大きい治療でもあります。さらに近年は放射線療法の中でも重粒子線治療が盛んに行われています。抗がん治療には種類が沢山あるので、自分にあったものを選択できるようになっています。

がん治療の効果と選択肢 

がん治療には多くの選択肢があります。早期発見できれば手術による治療が確実性が高く、信頼できる治療法と言えます。進行性や再発の場合には抗がん剤や放射線といった方法を組み合わせながら治療していくことになります。がん治療にはそれぞれメリットや問題点があります。抗がん剤で言えば取り組みやすい反面副作用がある、といった形です。インターネットや書籍など様々な形で情報を入手することはできますが、まずは受診した病院の主治医から説明を受け、納得のいく治療法を選ぶのが重要です。