健康になる趣味情報

歯周病予防には毎日の習慣が重要 

最近は昔ほど虫歯になる人が少なくなりました。しかし、それに代わって歯周病にかかってしまう人が増える傾向にあります。予防するためには、単に歯を磨くというだけではなく、口の中を清潔に保つとともに、歯肉を適切にマッサージして歯肉内の血行を良くするといった行為も必要です。口の中にに残った細菌が歯肉を浸食することで歯肉が弱くなり、歯を支える土台が緩くなることで最終的には歯が根元から抜けてしまうという歯周病。歯磨きを行う際には歯だけでなく、歯肉にも注意して磨いて予防しましょう。

歯磨きの出血は歯科で治療を 

歯を磨いているうち、いつの間にか血が出てしまい、洗面所が真っ赤になることがありますが、これは歯茎の状態が悪いことが原因なので、早めに歯科医院へ行って、治療を受ける必要があります。歯周病を放っておくと、歯茎がどんどんやせ細り、そのうち大切な歯がポロリと抜け落ちてしまうこともあります。一度抜けた歯をまた元に戻すことは出来ないので、たとえ痛くないからといって、歯磨きのときの出血を軽く考えることはせずに、歯科医院で診てもらうようにしてください。